ボストンテリア 笑顔(にこ) 2009.4.29生まれ ♀ 広島県出身              ボストンテリア 日向(ひな) 2018.3.5生まれ ♀ 香川県出身
by nico0429
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
❤にこの出没の記録(笑)❤
にこのお出かけマップ

❤ブログリンク❤
coursek.com

アダチペットショップ

ブリーダーズショップ「アポロ」

candy☆dog

NICO25'S


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
最新の記事
六本木ヒルズへ
at 2018-07-11 22:10
大雨、洪水の後のお散歩
at 2018-07-08 15:46
ネイロ堂さんも大変でした
at 2018-07-08 15:46
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
八丈島へ ~三原山唐滝とポットホール
午前中八丈富士に登った後は、ひょうたんのもう一つの膨らみ三原山へ。
三原山登山はルートがいまひとつはっきりしないので、唐滝へ。
富田次朗商店からの唐滝への道を上がり、散策路へ。
駐車場がよくわからずお墓の横のスペースに車をとめて歩き始めます。
b0184877_2144145.jpg

鳥獣慰霊碑を少し過ぎたところに、登山者の駐車場がありました。
b0184877_21245165.jpg

b0184877_2157375.jpg

車が何台か止まっていたので、先に歩いている人たちがいるようです。
b0184877_21251059.jpg




しばらくは林道のような登山道です。
b0184877_21313792.jpg

30分ほど登ったところで、硫黄沼がでてきました。
b0184877_21325292.jpg

エメラルドグリーンの沼です。
b0184877_21334449.jpg

ここで、7名くらいを連れたネイチャーガイドのツアーにおいつきました。
b0184877_21354420.jpg

沼のほとりにかわいい花が咲いていました。
b0184877_213639100.jpg

硫黄沼から先は急に道が細くなり、本格的な登山道の様相に変わります。
b0184877_21445893.jpg

まず、水道タンクの横をまわりこみ、
b0184877_21431757.jpg

水道管のパイプ(?)を越えて進みます。
b0184877_2144923.jpg

ロープのガイドが出てきました。
b0184877_21381943.jpg

沢を越えます。
b0184877_2141138.jpg

5分ほどアスレチックな山道を歩くと、突然開けて唐滝が登場。
b0184877_21461747.jpg

滝壺は沼で会ったツアーグループともうひと組5名ほどのグループでいっぱいでした。
b0184877_21463878.jpg

滝壺に太陽の光のプリズムで虹がかかっていました。
なかなか素敵な演出になっていました。
b0184877_2155019.jpg

ネイチャーガイドさんと少しお話ができ、
虹はお天気の良い日の2時以降でないと見えないということや、
三原山登山道は林道工事中のため、ひとつのルートのピストンしか行けないこと、
地図に載っていない登山道がこの唐滝の上あたりにあること、
それは思いのほか歩きやすいことなどを教えていただきました。
今回は三原山登山はしませんが、次回来る時はぜひネイチャーガイドに
お願いして三原山登山をしてみたいと思いました。

滝壺の横に穴が見えました。
b0184877_21592679.jpg

見に行ってみると、昔の硫黄の採掘のための洞穴でした。
b0184877_2205171.jpg

滝壺近くまでにこを連れて行きます。にこはいい迷惑でしょうが。。。
b0184877_2212510.jpg
b0184877_2205889.jpg

しばらくは滝壺で和んで休憩します。
b0184877_22103998.jpg

ひとグループは私たちが到着して、すぐにその場を離れ、
ネイチャーガイドさんのグループも滝を離れ、
我が家だけで静かに滝の雰囲気を味わいます。


下山はすぐにネイチャーガイドのグループに追いつき、抜き、
あっという間に車のところまで降りてきました。

その後に、向かったのが、三原山の唐滝とは反対方面にあるポットホール。
b0184877_22185733.jpg

遊歩道に入っていきます。
b0184877_22193520.jpg

ポットホールの横を歩きます。
b0184877_22203343.jpg

不思議な川(?)です。
b0184877_22205179.jpg

ポットホール散策は20分ほどで終わり、その後、見晴らしの湯へ
近道を行こうと、来た道を戻らず、林道を通るルートに進みました。
が、林道で1か所標識のない分岐があり、間違った道を選んでしまったために、
雑草生い茂る林道に深く入っていくこととなり、かなり不安な思いをして、
途中で引き返し、結局通って来た道までまた戻って、海岸線沿いの道を通って
見晴らしの湯へ。
b0184877_22251763.jpg

1日ごとにひょうたん型の露天風呂が男女交代になります。
今日は男性がひょうたん型露天風呂の日。女性の方は狭い露天風呂が
内風呂に沿ってありました。半島と大海原と灯台が見えました。
見晴らしの湯と言うだけあって、見晴らしはかなりよい温泉でした。
b0184877_233974.jpg
b0184877_2331929.jpg

途中で迷って時間をロスしたこともあり、温泉から出た時は
もうすっかり日が落ちていました。
この日は十五夜の満月の夜。月とヤシの木という一風変わった趣の
中秋の名月になりました。

by nico0429 | 2013-09-19 22:59 | 登山 | Comments(0)
<< 八丈島へ ~釣り! 八丈島へ ~八丈富士登山 >>