ボストンテリア 笑顔(にこ) 2009.4.29生まれ ♀    広島県出身
by nico0429
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
❤にこの出没の記録(笑)❤
にこのお出かけマップ

❤ブログリンク❤
coursek.com

アダチペットショップ

ブリーダーズショップ「アポロ」

candy☆dog

NICO25'S


にほんブログ村 犬ブログ ボストンテリアへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ
カテゴリ
フォロー中のブログ
外部リンク
最新のコメント
最新の記事
来年カレンダー12月用撮影会
at 2017-12-10 19:44
後楽園外周の紅葉
at 2017-12-09 16:28
紅葉とネイロ堂
at 2017-12-03 16:24
以前の記事
タグ
検索
ブログパーツ
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧
日本三景松島を1日満喫 その1
国見SAで朝6時に朝ごはん。芋煮汁セット。
b0184877_17491442.jpg

昨日の夜は暗くて撮れませんでしたが、わんこと一緒に過ごせるレストラン。
b0184877_17505412.jpg

今朝は霧で真っ白で朝日はまったく見えませんでした。
でもお天気はよさそうです。



さっそく、松島へ。
b0184877_17543911.jpg

左手に見えるのは観光船。
15年くらい前に、夕方やってきて、観光船に飛び乗って、
その後鳴子峡温泉に行ったことがあります。
前回駆け足だったので、まずは、じっくり歩いて松島観光です。

震災の爪後にすぐに接しました。
b0184877_1757352.jpg

海岸沿いを歩いて
b0184877_1804392.jpg

広い芝生の公園を抜けて、
b0184877_1811882.jpg

まずは雄島に向かいます。
雄島すぐそばの海鮮焼き物のお店のわんこが、
にこを見て、寄ってきてくれました。12歳(だったかな?)の海ちゃん。
b0184877_1824342.jpg

ひとしきり挨拶して、お店の方ともおしゃべりした後、雄島へ。
b0184877_1833663.jpg

この橋は津波で流され、去年に修復されたものです。
つまり、去年の7月までは島に渡ることができていませんでした。
b0184877_1844939.jpg

芭蕉が奥の細道で詠んだ場所。
b0184877_1854840.jpg

芭蕉のの句碑があります。
b0184877_1865672.jpg

岩窟がたくさんあることで有名な島です。小さな島中にありました。
津波でだいぶ流されたようです。
b0184877_1874535.jpg
b0184877_1883928.jpg

松島の島々。朝の澄んだ空気の中、美しい~。
b0184877_1891218.jpg

島の帰りにまた、お店に寄ります。海ちゃんは営業が始まって
奥に引っ込みました。にこはおじさんに甘えます。
b0184877_19535296.jpg

その後、瑞巌寺へ。
わんこNGと聞いていたので、入り口までのぞきに行くだけのつもりが、
入ると、まず目に飛び込んできたのはネコ。
b0184877_1955675.jpg

b0184877_19552912.jpg

ネコの写真を撮っていると、そばにいた女性がカメラ嫌いのネコですっていいながら
声をかけてきて、うちのわんこもそうですって答えていると、
ガイド20分お二人で1000円でいかがですか?とのこと。
あれっ、私たちわんこ連れだけどいいの?って思いつつ、
OKして、ガイドをお願いすることにしました。
これはお願いしてよかったです。
ただ自分たちで歩いてまわるだけでは分からないことがいろいろ聞けました。

まず、この参道の杉。
本来は鬱蒼とした杉並木で、左側の家は見えなかったそうですが、
津波で、左側の杉はほとんど枯れてしまい、今のように見通しがよくなったそうです。
b0184877_2004137.jpg

天台宗を広めにきた僧侶が最初は寺もなく、岩窟を住処として布教していたようです。
b0184877_2023727.jpg

b0184877_2032797.jpg

この観音様
b0184877_2043095.jpg

頭の上に阿修羅像が乗っています。
b0184877_2052255.jpg

ここの奥の穴の中は大切な経典の保管庫。
b0184877_20115573.jpg

このお寺の岩窟の前に、西国三十三ヶ所のお寺の観音様が並んでいます。
これは私の母方実感の近くの総持寺。
b0184877_2013569.jpg

西国まではなかなか行けないので、お手軽にここで全部参れるしくみらしいです。
私、子どのも頃家族で何年かかけて全部周って朱印いだたきましたが。。。
ここだと1日で済む!?
ガイドさん曰く、総持寺の観音様だけハスの花ではなく亀の上に乗っているようです。
その由来を聞かれましたが、もちろんわかりません。
私にとっては総持寺はお寺というよりも母方の実家のある駅という印象しかありません。。。
調べてみました。総持寺は亀の恩返しに寄って開かれたお寺のようです。

観音様がいっぱい。
b0184877_20253680.jpg

瑞巌寺の参道の杉は津波で枯れ、門のあたりは1.5mの津波が襲ったそうですが、
本堂手前で津波は止まり、伊達家代々の位牌は守られました。
b0184877_20285324.jpg

そして、ここまで来たところでガイドさんに
"お客さんたち、コンサートでこちらにこられたのですか?"
と、声をかけられます。
"???いえ、違いますが・・???"
"GLAYのコンサートがあって、パンフに載っている写真がここから撮った写真で
昨日からたくさんの人が来られてここで写真を撮って行くんですよ"
とのこと。
"じゃ、お客さんたちも撮りましょうね~"
って言われるまま、滅多に撮らない家族写真を
GLAYの立った場所と同じ場所で撮りました。(笑)
b0184877_2036928.jpg

ガイドは入場料のいる本堂の前までですが、本堂の見どころも語ってくださいます。
本堂修復中のため、普段は公開していない、庫裡と政宗正室のお墓が
期間限定で公開されているそうです。そして、建物の中に犬は入れられませんが、
にこちゃんの大人しさなら表につないで二人で一緒に中を見ても大丈夫でしょう
ということまでアドバイスくださいました。
b0184877_20404277.jpg
b0184877_20421495.jpg

庫裡へ。にこはトイレの前で待ちます。
b0184877_20435631.jpg

庫裡の中に入ったらまず上を見て下さいとガイドさんに言われていました。
立派な梁と高く組まれた屋根です。
b0184877_20443859.jpg

伊達家代々の位牌が収められています。
b0184877_20462818.jpg

そして、伊達正宗の位牌(右から2番目)。
b0184877_20492142.jpg

今だからこそ、この近さで見れるらしいです。
b0184877_20501591.jpg

b0184877_21152611.jpg

こちらが正宗正室の霊廟。
b0184877_20522562.jpg

b0184877_20524312.jpg
b0184877_20525385.jpg

枯れてしまった夫婦ケヤキ。
b0184877_20571325.jpg

10時をまわり、人が増えてきました。
そして、本当にパンフを手に持ったGLAYファンを多く見かけました。
面白いほどぱっと見て服装や持ち物でGLAYファンか観光客かが見分けられました。
b0184877_2182485.jpg

その後、お隣の円通院へ。
b0184877_21131860.jpg

b0184877_21161751.jpg

数珠作りで有名ですが、お庭散策だけして出ました。
b0184877_21175411.jpg

参道のこのお店で、
b0184877_21201917.jpg

ずんだアイスを買って休憩です。
b0184877_212152100.jpg

予想外に、たっぷりの時間を瑞巌寺、円通院で過ごしました。
b0184877_2136571.jpg

ガイド頼んでよかったです。
b0184877_21375485.jpg

b0184877_21382636.jpg


by nico0429 | 2014-09-21 18:39 | お出かけ | Comments(0)
<< 日本三景松島を1日満喫 その2 吾妻山へ秋を探しに >>